音and音ミュージックバトルとは?

「音and音ミュージックバトル」では、大阪のメジャーレコード会社“GIZAstudio”のディレクターやアーティスト、昨今の音楽業界を牽引する作曲家らを審査員として招致予定です!
最先端の音楽を知るミュージシャンにご自身の歌や演奏、作品を聴いてもらったり、アドバイスを受けたりしてみませんか?♫
必ず良い発見・良い経験がそこにあるはずです!!!!

寺尾 広

審査員長:寺尾 広 (Hiroshi Terao)


音楽制作ディレクター
作曲・編曲・キーボード・コーラス
他にライター・構成作家・執筆・司会・大阪芸術大学非常勤講師

90年代は(株)ビーイングで、ZARD、T-BOLAN、WANDS、FIELD OF VIEW、B.B.クィーンズ等、多数のミリオン・アーティストのディレクター、または作曲・編曲家として携わる。作曲作品には吉本新喜劇のエンディングテーマ「エクスタシー」等多数ある。
2000年にSoul Crusaders(ソウルクルセイダース)のメンバーの一人としてデビュー。フジテレビ「Hey!Hey!Hey!」、NHK「POP JAM」等の音楽番組に多数出演。また愛内里菜等、色々なアーティストのライヴのキーボーディストとして武道館やZepp等のステージに立つ。
現在は (株)ギザでディレクターとして上木彩矢、三枝夕夏IN db等数多くのアーティストのディレクターとして、また並行して作曲・ライター・構成作家・司会など様々な活動をしており、特に新人発掘・育成に重点を置いている。2016年からは大阪芸術大学のポピュラー音楽コースの非常勤講師もしている。
葉山 たけし

審査員:葉山 たけし(Takeshi Hayama)


アーティストの総合プロデュースから作詞・作曲・編曲まで活動は音楽制作全般に渡る。
近年は新人育成、TVや映画のサウンドトラック制作など、さらに活動の幅を広げている。

'78年、バンドでメジャー・デビュー。
B.B. KING、Eddie Tyler、Otis CrayなどBlues、R&Bの来日アーティストのオープニングアクトをつとめる。
'80年代よりギタリスト・アレンジャーとして多くのアーティストのツアーサポートやレコーディングに携わる。
'90年代よりアレンジャーとしての活動が本格化。
ZARD、T-Bolan、WANDS、中山美穂&WANDS、大黒摩季、DEEN、FIELD OF VIEW、倉木麻衣、globe、HOUND DOG、 松本孝弘、稲葉浩志、近藤房之介、相川七瀬、など数多くのアーティスト作品のアレンジを担当。
殆どの作品でギターをプレイしている。
アレンジ作品にミリオンヒット多数。
'93、'94年オリコン年間ランキング編曲家部門第一位。
'93年のアレンジ担当作品の売り上げは1,100万枚以上に上る。
宅見将典

審査員:宅見将典(Masanori Takumi)


作編曲家・プロデューサー。

2000年3ピース編成のロックバンド"siren"でBMG JAPANよりメジャーデビュー。
ドラマー、作編曲家サウンドプロデューサーとして活動。その後、アーティストプロデュースや映像音楽などを手掛ける。

主な楽曲提供プロデュースアーティストは、EXILE,AAA,KARA,FT ISLAND, パクヨンハ、私立恵比寿中学、XOX,、渡辺麻友、ノースリーブス、DAIGO、 モーニング娘、 相川七瀬、小林太郎、近藤晃央、アンダーグラフ、ViViD,Alice Nine,DIR EN GREYなど。サウンドトラックではアニメ"CLYMORE" "Witchblade" "涼風"などでオーケストレーション作品を手掛ける。

海外アーティストにおいてはMR.BIGのボーカリスト、Eric Marticのソロアルバム"Mr.Rock Vocalist"のサウンドプロデュースやTerry Bozzioソロライブ "History of Terry Bozzio"in Japanの音楽監督を務める。

第53回日本レコード大賞にてAAAのCALLの作曲で優秀作品賞を受賞、また第56 回グラミー賞にてSly&Robbie and The Jam Masters のメンバーとしてアルバム"REGGAE CONNECTION"でギタリスト、キーボーディストとして参加、レゲエ部門でノミネート。

グラミー賞同部門でメンバーとして同部門でノミネート。グラミーボーティングメンバーとなる。

全ての楽器を演奏するインストルメンタルアーティスト "MASA"として活動中。